ウェディングケープがいっぱい!






大人婚の花嫁にヴェールを取った後のドレスにこんなケープでパーティー会場に入場というのも素敵!
スポンサーサイト

ウェディングシュラゲッツとコサージェット





肩を覆う短い上着をシュラゲッツ、胸元を飾る花束のようなレースをコサージェットと呼ぶようです。

ウェディングボレロ、ジャケット最新情報





大人婚のウェディングドレスで、今一番気になる悩みは二の腕のヒラヒラとビスチェからはみ出る「はみ肉」でしょうか。

スラリとしたスレンダーボディの花嫁でも、ここだけは上手に隠せるものなら隠したい。そんなお声もチラホラ聞かれます。

そこで新作カタログからご紹介。
お召しになるドレスのデザインに合わせて流行りのオフショルダーや袖付きドレスに変更出来ます。

白無垢いろいろ



まだまだ昼の太陽は照りつけますが、八月もそろそろ終わり。
ブライダルシーズンが始まります。

最近神社でお式を挙げたい方が静かなブームとなっていますので、神社婚に映える最新白無垢情報を。。。

白無垢といえば純白の絹織物をイメージしますよね。
50年ほど前から流行り出した白無垢は女性の憧れでした。黒髪を高島田という日本髪に結い上げて、鼈甲のかんざしに綿帽子や角隠しで飾り、舞妓さんのように真っ白な水化粧を胸元からうなじまでハゲを使って塗り込み、真っ黒な柳眉、真っ赤な紅でおちょぼ口につくり、太いアイラインを目元に縁取りました。頬紅は目元に近いところにさしていたように思います。30年くらい前までこれが普通でした。
このヘアメイクだと
全身白のコーディネートが映えたのですね。黒髪と紅の美しさを一番際立たせたのだと思います。

しかしその後、ナチュラルメイク全盛になると和装もナチュラルにという波が瞬く間に世間を席巻します。
すると、ナチュラルなベージュピンクのルージュやグレーや柔らかなブラウンの眉、自然なアイラインにオールホワイトの白無垢はちょっと寂しげ印象に。
そこで白無垢の襟やすそに赤を入れ、金糸銀糸のぬいとりを入れたものが人気になって、この秋はこんなに可愛い紅梅がる白無垢が登場しました。

白無垢に柄があるものは実際にお召しになると華やかでかつ着痩せ効果もあり。神社では大変華やかに花嫁を演出出来ます。神社婚をご検討なさっていらっしゃるあなた一度お試しになっては?

ブライダルアクセサリー





花嫁の最旬ヘアアレンジはディズニーの「アナユキ」大流行から編み込みを取り入れた、ルーズなシニヨンスタイル。
そんなヘアに似合うヘッドアクセサリーはカチューシャ。
普段は顔から見える頭頂部につけるのですが、今年の秋はシニヨンの根本につけるデザインが新登場。

やはり人気のビジュー素材を使ってブレスレットと合わせるのはいかがでしょうか?